【失敗談】心に響く料金サービスの方法

こんにちは!ネイリストのひかるです^^

今回はわたしが独立して
長年個人サロンをしていて

いまでも引きずっている

”失敗談”についてお伝えしていきます。

それはなにかというと

”ジェルオフ代金の価格設定ミス”

です><

どういうことかというと

わたしが独立した当初は
まだ若干22歳・・

ノリと勢いで独立したわたしは
お世辞にもお金や経営の知識が
あるとは言い難い頭でした。笑

で、その頃のわたしは

「ジェルネイルを付け替えるだけなのに
ジェルを落とすだけでお金がかかるなんて
なんだかお客さんは損した気分じゃん!!」

と思っていました。

そして、独立する際わたしは

「他店も当店もジェルオフ
付替え時いつでも無料」

というメニューを取り入れてしまいました。

これが、最大のミスです。

なぜかというと

確かに、付替え時に
ジェルオフを無料にするのは
お客様にとったら
とっっても良心的です。

でも、よく考えれば

ジェルオフの時間は
プレパを入れて約1時間程度

早くても40分前後ほど
かかるわけです。

ネイリストをされている方なら
分かると思いますが

施術の中で
ジェルオフが1番、手間がかかり
作業的に大変で
尚且つ面倒臭い作業です。よね?笑

ジェルオフ無料というのは

その作業時間を
無償で行っているに等しいわけです!

そんなことを思いもしなかった
その頃のわたしは

「ジェルオフ無料っていいですね!」

「オフ代かからないの助かります^^」

というお客様の声に
ニンマリしていました。笑

しかし年月が経つにつれ・・

「オフが一番大変だし
なんで無料でやっているんだわたし・・・」

という感情になってきました。

その頃には
お客様も定着してしまっているし

オフ代無料は当たり前で
誰からも感謝はされません・・

因みにわたしはこの流れで
独立当初は

「安ければ集客できる!」

と思っていたので
ほかのメインメニューも
他店舗より安く設定してしまっていました。

ほかのメニューは
少しずつ料金改正をしていき
ある程度引き上げることは出来ましたが

流石に無料のものを
有料にする勇気はいまだに出ず

現在でも”ジェルオフ無料”の
ミスを引きずりながらサロン経営をしています。

無料のものを
有料にするのにはハードルが
高すぎる事を痛感しています。

こうなってくると
半ば諦め&「もういいいや!」

という、
ちょっと投げやりな気持ちで
日々ジェルオフをしています。笑

ということで、
もしこれからサロンオープンを
考えている方や

まだお客様が定着していないサロンは

ジェルオフ無料は
絶対にやらないことをお勧めします。

けど、ジェルオフ無料の
サロンなんて沢山あるじゃん!

と思うかもしれませんが

その場合そもそも、
ネイル代金に、もうジェルオフ代が
上乗せされた料金設定になっています。

例えば

オフなしの場合
・フレンチ6,000円

のところ

オフ込み想定で
・フレンチ7,000円

といった具合です。

わたしみたいに
ジェルネイルのメニューも安いのに
ジェルオフも無料という設定が
一番最悪な例ですね。笑

けど、この方法も
あまりお勧めしません。

やっぱりジェルオフ代金は
500円にしろ1000円にしろ
有料の方が良いです。

なぜかというと

金額をつけて
無料サービスをした方が

圧倒的お得感を与えることができ

さらに

リピート率を上げる事も出来ます!

どういうことかというと

基本のジェルオフ代金が
1,000円だった場合

1ヶ月以内に再来店された場合
ジェルオフ代サービス!

 

と、うたった方が


いつでも無料

よりお得感を感じませんか?^^

しかも1ヶ月以内という
期限を設ける事により

「それまでにまた行かなきゃ!」

という気持ちが促進されます。

人の心理的に”いつでも”なら
いつでも行けるから、行かないんです。

”この期間限定”という
希少性を感じさせる事により
気持ちを動かす事が出来ますし

よりお得に感じてもらい
お客様の満足度にも繋がります^^

同じ無料でも
”お得感”や”満足感”が
全く違うんです。

(この記事を書いていると
ますます悲しくなってきます。笑)

ということで!

今回はわたしの
痛恨のミス!について
お伝えしていきました。

”安ければいい”

という安易な考えではなく

同じ安いでも

どうしたらお客様の
心が満たされるか?

という事を考えて
料金を決めていってくださいね^^

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

ひかる


ネイリスト ブログランキングへ


にほんブログ村

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube

 

facebook1

他にはこんな記事もオススメ!
・【経営のコツ】ネイリストの価値を高める2つの方法
・【ネイルサロン集客方法】ネイリストの集客3つの武器
・【ネイルデザイン】ゼロからネイルのデザインを生み出す3ステップ
・【ネイリスト接客術】お客様と気まずくならない会話9つのコツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>