【ネイリスト接客】個人ネイルサロンが大手サロンに勝つための接客術とは?

こんにちは!ネイリストのひかるです^ ^
以前の記事(こちら)で
独立の方が断然オススメ!
と書きましたが
そう思う理由の一つとして

 

 

”お客さまの融通を聞ける”

 

 

というのがあります!

 

 

どういうことかというと

雇われて普通の
ネイルサロンで勤めていると

 

 

アートや色の調整が
出来ないところがとても多いです。

 

 

「このサンプルの中から決めてください。」 

「ストーンの位置も変えられないし
色調合もできません。」
と言われてしまうのです。

 

ですが、うちはちがいます。

 

 

お客様の好みの色を調合するし

何度でもストーンの位置を調整できます^^

 

 

こんな些細なところでも、大手とは違う

丁寧さを出してあげましょうね。

 

 

こんな小さなところでも、

お客さんからすると大きな違いらしくて

 

うちのお店にたどり着いた

お客さまたちは

 

「こんな細かく色の調整してくれるところはじめて来ました!」

「サンプルの1本を違うアートに変更してくれるなんて嬉しい!」

 

と言ってくれます^ ^

 o0480048413419308773

これは特別なことではなく

 

色なんて調合するだけだし、
サンプル組み合わせるのだって
お客さまのご希望にできるだけ
答えたいというだけです。

 

こう思っていても
サロン勤めだと”決まり”だから
出来なくて
お客さまもしょんぼりだし

 

ネイリストさんだって
本当はやってあげたいのに、、!

 

と思っているはずなんです!

 

わたしが雇われの時
まさにそんな感じで

 

経費削減でストーンの種類が少ない

色の調合すると余りがでてしまって
もったいないから元の色しか選べない

流行りのパーツが入荷されてない

 

なんで!

 

もっとこうやったら、
ああやったら絶対お客さまも喜ぶのに!

 

 

って事がほぼ毎日あったんです。

 

 

それが今では

問屋さんで

 

あ、あのお客さんこのパーツ
好きそうだから入荷しよう

 

こんな新しいカラー出たんだ!
試してみよう!

 

とワクワクしながら
自分好みの材料を揃えられるんです^^

 

 

材料を買う時わたしは
新しい服を選んで買う時より
楽しいし満足感で
いっぱいになります。笑

 

 

お客さまの融通をできるだけ
きいてあげるっていうのも

個人ネイルサロンの良いところですよ^ ^

 

 

材料だけじゃなくて
おもてなしでも一緒で

 

わたしの常連さんで
仕事終わり、たまにこんなものを

持参してくる方がいます。

 

o0480048013418157798

 

ネイルサロンに、ビール。笑

 

「仕事終わりに疲れたんで、一杯いいですか?笑」

 

って。

 

 

喜んでどうぞ!

 

です^ ^

 

 

缶ビール片手にネイル施術

 

こんなの普通のネイルサロンじゃ

まず見ない光景ですよね。笑

 

けど、こーゆー些細な事で
お客さまと距離が縮まったり
安定的な顧客になってくれるんです^ ^

 

 

ああ、本当個人のネイルサロンって楽しくて面白いなー。笑

 

 

と思いますし

 

 

材料でもおもてなしの面でも

”融通を聞いてくれる場所”

っていうのは

 

 

ふつうのネイルサロンに勝てる

一つの強みかなと思います^ ^

 

 

この場合は
良い意味での”融通”ですので

質の悪いお客様のわがままを
聞き入れるとか

 

 

そーゆー事ではありません。

 

 

あくまでサービス向上の
融通の効かせ方のお話をしました^ ^

 

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

ひかる




ネイリスト ブログランキングへ


にほんブログ村

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube


facebook1

他にはこんな記事もオススメ!
・【経営のコツ】ネイリストの価値を高める2つの方法
・【ネイルサロン集客方法】ネイリストの集客3つの武器
・【ネイルデザイン】ゼロからネイルのデザインを生み出す3ステップ
・【ネイリスト接客術】お客様と気まずくならない会話9つのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>