【ネイル技術アップ】キレイなワンカラーの塗り方〜ムラにならないプロ仕様の塗り方〜

こんにちは!
ネイリストのひかるです。

Nail10

 

今日は
ワンカラーの塗り方
についてお伝えします!

 

動画はこちら↓

「いきなりグラデーションは無理だけど
ワンカラーのなら塗りやすいかも?」

 

と思っていませんか?

 

たしかに、シンプルで簡単そうに見える
ワンカラーですが

 

しっかりとしたポイントを押さえないと
汚い仕上がりになってしまい、1日中憂鬱な気分で、
爪を隠しながら暮らすことになってしまいます。。

 

今回お伝えするポイントをしっかりと押さえて
キレイなワンカラーネイルを塗れるようになりましょうね!

 

ワンカラーの塗り方5ポイント

1.厚塗りになりすぎないように、3回に分けて薄く塗る

o0800042313313096287

 

 

 

 

 

ワンカラーを塗るときは、
とにかく薄く塗ることを意識しましょう。

 

暑く塗りすぎるとダマになってしまい
仕上がりがみっともなくなってしまいます。

 

お客さんも不満だし、
クレームの原因になるので、
徹底的に意識するようにしましょう。

 

2.爪の中心から、先端に向けて塗る

o0800042513313096615

 

 

 

 

 

爪の中心から、先端部部へ向けて
筆をスッスッとテンポよく動かして塗りましょう。

 

こうすることで、バランス良く塗りやすくなり
キレイな仕上がりにすることができます。

 

3.爪のキワまでしっかりと塗る

onecolor4

爪の端っこのキワの部分まで
しっかり塗らないと仕上がりがガタガタになってしまい

ブサイクになってしまいます。。

 

必ずキワの部分まで、塗り残しの無いように塗りましょう。

 

4.甘皮を引っ張って、根元まで塗る

onecolor3

爪の根元部分を塗るときは、
甘皮を引っ張ると塗りやすいですよ。

 

この時も、厚塗りになりすぎないように
薄く塗っていきましょう。

 

5.塗り終わった後は、ゴミが付いてないか必ずチェック!

onecolor1
せっかく綺麗に塗っても
ゴミが付いていたら残念な仕上がりになってしまいます。

 

空気中のホコリや
筆の毛が付いていないかを何度も確認して
ライトに入れて固めましょう。

 

UVであれば、30秒くらいが目安です。

というわけで、今回は
ワンカラーの塗り方
についてお伝えしましたがいかがでしたか?


「こんな部分がわかりやすかった!」
「もっとネイルのこんなことが知りたい!」

 

ということがあれば、
下のコメント欄に気軽に書き込んでくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!


ネイリスト ブログランキングへ

toyoutube

ネイリストひかるメルマガ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>