知らないと損をするかも!ネイル技術を効率良く上げる方法

o0750053114114765360
こんにちは^^
今回はネイル技術の上げ方をお教えします。
チェックなかなか技術が上がらない
チェックアートのバリエーションが増えない
チェック他サロンと差別化をしたい
チェックアートの作り方が分からなくて困る時がある
というネイリストさんは必見ですニコニコ
ネイルの技術は年々難しくなっている!
何年もネイリストをしていて、思うことは年々技術レベルが上がってきていて、追いつかない!ということ。
きっと他のネイリストさんも感じているはず
次々に匠なアートが出てきて、お客様の目も肥えてきて、ネイリストは新しい技術に追いつくのが必死、、!笑
その分やりがいもあるんですけどね^^;
ネイリストは常に学びが必要な職業だと思います。
基礎を覚えたらそれでずっとOK!というわけにはいかないのです。
とはいえ、そんなお金も時間もかけられないのが現状ですよ、だってネイリストの給料安いもん、、、!アセアセ
セミナーだってお金と時間かかりますもんね、、
そんな中で、わたしがおすすめしたいサービスの紹介というわけです寂笑
MIROOM(ミルーム)という選択
MIROOMはわたしが裏方で携わっているサービスの1つなのですが、本当におすすめ!!
o0746108014177442571
動画で各有名な先生の技術が見て学べるというものです。
こんな感じ↓
o0722108014177442573
o0738108014177442576
遠方でなかなかセミナーに行けなかったり、時間や環境に左右されずに技術を習得できます。
セミナー形式で解説してくれるから、とっても分かりやすい!
これ、本当にすごいのよ、、!
撮影などに立ち会っていますが、カメラの質も良くて各先生のこだわりも強く、見やすさ、学びやすさを追求しているので動画のクオリティーが高い!
MIROOMは見ている人の声をどんどん取り入れているから、常にバージョンアップしていっています♡
誰でもネイル技術が向上できる時代に
わたしは自分が現役のネイリストだからこそ、今1番欲しいものや必要なものを常にネイリスト目線で考えています。
MIROOMしかり自分のやっている事は、過去に自分が”こんなものがあったら遠回りせずに済んだのにな”というサービスを作っていっています。
努力の矛先を間違えないために!
自分自身がね〜無駄な努力たくさんしてきた分、他のネイリストさんには努力する場所を間違えないで欲しいって気持ちが強いんですよー。
効率よく、環境に左右されず、誰もが自分の努力次第で技術を学べるサービスを提供していきたい。
と思っています。
MIROOMでは各動画で値付けも違います。
その生み出したアート技術に敬意(料金)を払うのって、同じネイリストとして凄く素敵なことじゃないかなーとも思うんです。
o0725108014177442580

※先生によって無料で学べるセミナーもあるのでご覧あれ(*´-`)

より質の高い技術を習得すれば、単価の良いサロン作りに出来る。
ネイル業界時代の底上げに繋がる気がします寂笑
まさに動画は次の時代にマストなコンテンツだと思っています。
新しく便利なものを敬遠するのではなく、スッと自分のものに出来た人たちが成功していくのかなって思うんです。
リアルとオンラインの使い分け
とはいえ、やっぱりなんだかんだリアルなセミナーも必要よね、、!
その場の臨場感や、熱気、すぐに質問できる等々あるので。
それはセミナーでしか味わえない感覚だなーと思います。
だから、どちらも上手く使い分けていくのがベスト♪
好きな先生のセミナーなどはたまに行くとガン!っとモチベーション上がりますし、1度でもリアルセミナー行ってからオンライン(動画)を見ると、また違った角度で見れて楽しいんじゃないかなーと思います(*^o^*)
動画は、何度も何度も見返せて、ズームで細かな部分もじっくり見れるので実はセミナーよりも理解度が高い気がします。
o0623108014177442582
ね?😂
リアルセミナーと動画セミナー、どちらも良いところがありますよ(*゚ー゚*)
最後に
というわけで、是非動画で学ぶスタイルがわかった上で上手く自分に取り込んでいって欲しいなと思います。
いやあ、本当に便利なものは使って行った方が良い。
いろんな先生の動画レッスンを見ていて、わたし自身もなるほどーー!って思うことたっくさんあるのでお願い
是非見てみてくださいね^^
絶対に役立つこと間違いなしなので!
というか、わたし必要ないなとか思ったものは全くすすめないので笑い泣き
それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ひかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>