「何かおすすめのデザインありますか?」とお客様に質問された時の提案方法【徹底解説】

o0480048014117140136

「何かおすすめのデザインありますか?」

 

ネイリストになると、この言葉は必ずお客様に言われると思います。

 

おすすめのデザイン、という漠然としたワードから、何をオススメしたらいいか分からずフリーズしてしまう事もあるのではないでしょうか?

 

チーン吹き出し←0.5秒で脳内いろんな事考えすぎてショートした時こんな感じになる。笑

o0640042714117145190

リピーターのお客様ならある程度趣味嗜好が分かるのでオススメしやすいかもしれませんが、新規様となるとそんな事もいかないですよね。

 

今回はわたしの場合のサロン対処法として誘導の仕方をお伝えしたいと思います。

 

まずは趣味嗜好ライフスタイルを聞く

 

お客様のライフスタイル事情で、キラキラはダメ!派手な色はダメ!などありますよね。

まずは「シンプルめが良いですか?派手めがいいですか?」

などを伺います。

 

色は抑えめにしたいけど、ストーンはゴテゴテにしたい気分!

とかね、女子はいろいろありますから笑い泣き

 

で、まあその中で脳内フル回転させるんですけど、ある程度持ち札は用意しておきます!

 

おすすめのデザインはコレ!

 

それは

新入荷したパーツや

シールやカラー

or

有料セミナーなどで習得した

アート技術

大体ここらへんを提案します真顔

 

わたしはパーツやシールなど”商材頼り”なネイリストなので、手描きアート系よりは今消化したい物を推す事が多いですね、

 

パーツ類は”在庫を抱えている状態”なわけだし、セミナーなどで習ったアート技術なども、コストが割とかかっているので施術として消化しなければいつまで立ってもマイナスな訳です。

 

ただ、そのお客様の好みやテイストを見極めて誘導、提案することもプロのネイリストとして力試し。

 

ただ推せば良いってわけでもないので、先ほど言ったライフスタイルを聞いた上での提案になります^^

 

本当に自分が良いと思った物を提案する

 

例えばその時々で流行っているデザインはあると思います。

昨年の夏だったらまずは人魚の鱗ネイルを勧める。で、その次に何個か自分の持ち札を考えます。

 

わたしのサロンの持ち札は、新規様でもリピーター様でも定評し続けているアートでブローチネイルとパフュームボトルネイル。

o0480048014117140136

これは季節ごとにアレンジし続けて無限に姿形変えて(作り方は一緒だから楽チン)愛されているアートの1つですね。

 

なのでひとまずお客様にオススメします。

こういう、うちのサロンと言えばこのアート!みたいなものが1つあると何かと便利だしスムーズです(*´-`)

 

わたしもこれは数年前セミナーで習得したものなので、好きな先生のアートを真似るというのも1つの手だと思います。

 

次のパターンとしては、

問屋さんに行った時に「これかわいい!」ってピンときたパーツやシールやカラーを購入。

その材料を使ったサンプルを数種類作る。

サンプルを見せてオススメとしてお客様に推す。

施術したものをSNSに載せる。

違うお客様がそのSNSを見てまたそのデザインをしてくれる。

(1回人の手に施術すると、チップより手の写真があってイメージが湧きやすいのでオススメもしやすくなります。)

オススメ無限ループ突入

といった感じの流れを作る事ができるので、まずはサンプル作りが重要ですのよ!(誰

 

わたしはパーツを購入する時点で”絶対このデザイン流行らせよ”とある程度決めて購入します!笑

 

そう思うためには、日頃から可愛いものセンサーを張り巡らせていて、自分の中で絶対可愛いと思うものだけ購入するようにしています。

 

そうすると余計なもの買わずに済むし、提案する際も自信持ってオススメできます!

”ただある在庫を捌きたい”だけじゃ上手く誘導できないしクオリティーも悪くなると思うんですよね。

 

常日頃から取捨選択し、自分の感覚を大切に生活する事も提案力の筋トレになると思います^ ^

 

結局どんな場面においてもコンセプトが大事ー

 

最近だとクマちゃんネイルがうちのサロンでは流行中なんですが😂

 

 

でも、これ、もろうちのサロンが可愛い系サロンだから成り立つアートであって、どんなデザインも受け付けます!みたいなノーコンセプトなサロンだと絶対在庫余ると思うんですよ。

 

個人サロンの場合、コンセプトを絞ってコンセプトに沿った材料だけを購入していかないと破産します。

前回の記事のプレゼント企画だって、うちのサロンで捌けない在庫=可愛い系じゃないモードよりのパーツ類、だったわけで。

 

結局場所とるわ材料費マイナスだわになってしまうんですよね。

 

セミナー受講したアートもしかり。

元取れなきゃ意味ない訳で、、!

 

ネイリストはクリエイターでもあり、商売人。

自分が良い!と思ったオススメなものをお客様にしっかり提案&誘導できるようになってこそプロのネイリストと呼べるのではないのかなと思っていますニコニコ

 

お客様と一緒に悩んで時間がたってしまうのが1番避けたいパターンですからね、、!

 

というわけで、「オススメデザインはなんですか?」と聞かれた場合には、是非今回紹介したやり方を参考にしてみてくださいね寂笑

 

p.s

コンセプト定まらないよーとか自分の好きなテイスト分からない方はインスタコレクションを活用するのがオススメです↓

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ひかる

 

 

引き続きLINEでのメッセージにも答えてます口笛

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>