視野と思考を広げる便利ツール

53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s
最近ブログの他に主に
ちょっと思ったことや呟きたい時は
Twitterに書き込んでおります。
自分の思ったことをサクッと
書き込めるので個人的には
ブログよりフランクに使ってます。
また、サクッと
多種多様な情報も得られる。
どんなことを呟いているかというと・・
TATさんでは、セミナールームが
空いている日は無料開放してくれています。
意外と知らない方いる!!!
練習に使えるので場所難民な方は
是非利用するといいですよ^^
TATで場所も材料も確保できるので、練習しましょう。
結構この手の質問多いけど、
どこからどこまで出来て、
これができないとか
具体例書いてもらわないと
ボンヤリすぎてわからないので・・
なにはともあれ練習あるのみっす真顔
内蓋ってなかなか開けづらいのでw
実は超ウキウキな新しい企画を練ってます♡
最強パートナーとものすごいの作ります。
春くらいかな。お楽しみに〜照れ
たまに自画自賛しますもぐもぐ
ネイルブックについては本当誰よりも
調べ上げている自信あるので、間違いないです。
新情報とこれからの流れとか、
教えたいことたくさんっ!!!
早く記事にしたい〜〜〜٩( ‘ω’ )و
全然ネイルとは関係ない方の
ツイートなんかも、
グサグサ刺さるので刺激になります。

個人的推しはairの木村さんです。

美容師さんですが、通ずることが

たくさんあるので勉強になります。

たまにケツ叩かれてる気分にもなれます。

最後にHana4さんの格言のようなツイート。
学んだり知識を得ると、実践してないのに
やった気になってしまうパターンって
結構ありますよね・・。
やっていないのに、勝手に脳内で
経験として変換されてしまう。
おそろしや〜〜〜〜
っと思ったのでみんなにもシェア( ̄▽ ̄)

ということで、

ツイッターはいろんな情報や

思考が流れてくるので、

ぼーっと眺めているだけでも

結構タメになることや

ハッとすることなんかも多いです。

大人になっていくにつれどんどん

自分の思考が凝り固まっていくのを

身にしみているのでw

”ツイッターやインスタは若い子が

やるものだから・・”

まさにこの思考こそが

凝り固まっていて、時代に

置いてけぼりになる人のパターンの

典型的発言だと思っています。

そうなりがちだからこそ、

少しでもたくさんの方の

いろんな意見、思想、アイデアを

取り入れていき日々向上していきたいものですっ。

ネイルなんて尚更っ!

時代に流されないようなサロン作りは

大事だけど、流れを知らないだけの

疎いネイリストにはなっちゃダメ。

時代に柔軟に対応しながら

自分の軸を持つことが

”時代に流されない”

ということなのかなと思います^^

情報は常に取り入れられるように
しておくのがマスト!
 少しでもたくさんの方の
いろんな意見、思想、アイデアを
取り入れていき日々向上していきたいものですっニコニコ
あと、
140文字以内という制限の中で
自分の思いや言葉をその中に
どうまとめるかって、結構頭使うし
要点が絞れるので自分の気持ちの
整理としても使い勝手良いですよ^^
備忘録としても使えます。
といわけで、今回は
自分の視野と思考をどんどん広げて
ビジネスに繋げていったり、
モチベーション管理しましょっ
という事をお伝えしましたニコニコ
わたしのツイッター、FB、インスタも
改めて良ければフォローしてくださいね^^
それでは、本日も最後までお読みいただき
本当にありがとうございました。

Nail Adviser HIKARU

 

 

☆:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:☆

 

カナヘイ花FB&Twitterではブログに書くほどでも無いけど

得な情報やネイリストの本音を呟いてます♡

是非フォロー&お友達になってくださいとびだすうさぎ2

Facebookはこちら

友達申請してくれたら喜びます。

Twitterはこちら

フォローしてくれたら浮かれます。

 

カナヘイ花デザインはインスタでどうぞつながるうさぎ

 

 

 

 

 

 

ネイリストひかるYoutube

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>