どーでもいいから!常にネイリストさんに伝えたい事はコレ。

s__39788548

 

 

 

まずは、こちらをお読みください↓

 

 

 

 

参照: 単純に考えて「毎日やってる人」にちょこっとやったくらいで勝てるわけないだろう。という話

http://naotokimura.tokyo/archives/14108

 

 

美容師Airの木村さん。大人気ですよね^^

 

 

 

この方が、ごもっともすぎる

ごもっともな事を書いております。

 

過去記事ですが、ごもっともすぎて、

なんてーか、すごく響きました。グサグサ

 

 

ゴリゴリの美容師思考だなと思います。

 

 

書いてある事をサラッと言うと

 

 

”集客も技術向上も特別なことは何もなく

ただただ毎日続けろボケ”

 

 

みたいな事です。笑

 

 

 

はい、本当そうですね(T▽T;)グサリ

 

 

わたしも、最近思うんです。

 

 

わたしは独学でもプロのネイリストを

目指して自分のサロンを持てる!

 

 

と、このブログを通じて発信していますが

 

決してセルフネイラーや

小遣い稼ぎネイリストを

増やしたいわけではありません。

 

 

わたしはスクール通ったけど

検定も(3級とジェル検だけど)取得して

 

 

あんま意味なかったな〜〜〜

って思って、

 

その時間とお金をもっと

違う方向に使えばよかったなって。

 

 

そう思って、サロンワークに特化した

プログラムやセミナーを主催しています。

 

 

検定だけがネイリストになる道じゃない

っていうのを伝えたくて(TωT)

 

 

まあこれは個人的な思考で

鋭利な言い回しだとは思いますが^^;

s__39788548

そりゃグレーな業界だからこそ

検定取得してプロとアマチュアの差を

最低限引きたいところ。

 

真面目に検定とってサロンワークして

それでご飯食べていっている

ネイリストからしたら

セルフと一緒にされてたまるかっ!

 

って思いますもんね。

 

その気持ちはわたしも一緒なんだけど

わたしが言いたいのは

検定がうんたらかんたらって事ではなく

むしろそこはどうでもいい。

 

 

結局、

 

どれだけサロンワークに通用できるか

 

というのが重要で、

お客様が求めている本質ってことです。

 

 

正しいネイルの基礎知識を身につけて

日々練習を重ねて場数踏んで

本気でサロンワークしてれば

それはいずれ、検定関係なく

”プロ”になると思っています。

 

 

ってことでそのためには、

練習するしか無いんですよね。

 

 

検定でポリッシュ練習している時間を

ジェルの練習に当てた方が良い

 

って考え方です。

 

 

ということは、自主的に練習できずに

のらりくらりしているなら

検定の練習している人の方が

1000倍良いわけです。

 

 

 

技術でも集客でも一緒で、

木村さんがこの記事で言っているように

 

======================

(以下引用)

 

・作品上手くなりたきゃ正月だろうが

夏休みだろうが毎日やればいい。

他の人がやらないならむしろチャンス。

 

 

・集客したいんなら発信でも

ブログでも毎日やればいいだろう。

 

そして他の人が書けない程、

素敵で有益なものを心がけ、

真似されればまた新たな閃きを

もって取り組めばいいだろう。

 

 

・お客様にリピートしてもらいたいのならとにかく技術。

 

そして誰も気づかない様な

気を配り、喜んでいただき、

そして人生に関われる程に入り込める

自分作りをすればいいだろう。

 

 

======================

 

と、わたしも思います。

というより、わたしにもグサリ突き刺さりましたw

 

 

 

わたしは独立してからの

3年くらいを振り返ると

 

朝から晩までmixiにへばりついてたり

(当時mixi全盛期コミュニティで集客してたので)

 

 

反応がなければ直ぐに違う打ち出し方で

集客の記事を変更してみたり

 

自分のトピックが下にいかないように

常にUPする作業したり・・

 

1ヶ月丸々休み無しで働いたり

9時から23時までフル稼動で施術したり・・

 

 

今じゃ考えられないくらい

頑張っていたあの時w

 

 

でもでも、わたしは当時

 

自分が大変だとか、

苦しんでいるとか、

 

全く考えてなかったです。

 

 

ただただ夢中に。

 

 

 

先週の売り上げより

今週の売り上げの方が上回るように

先週の自分と競争してたり

 

どういう書き込み方をしたら

ユーザーの食いつきが良くなるか常に

考えているのが楽しかったり。

 

 

今考えると、キツイ毎日だな〜って

日々なはずなのに

 

その時は日々技術が出来ていく事や、

お客様が再来店してくれる事が

楽しくて楽しくてしょうがなかったんです。

 

 

 

だから、努力したとか

大変だったとは1ミリも思いません。

 

 

 

どちらかというと

人より怠け者でぐーたらな性格なので

楽してナンボ!みたいな思考ですしw

 

 

 

働きまくる事、苦しいくらい頑張る事が

美徳じゃないよねーと思ってます。

 

 

ただ、がむしゃらにやったから

見えてくる事も沢山あったなとは思います。

 

 

がむしゃらにやらなきゃ

わからない境地っていうのは

正直ありますよね・・。

 

 

 

それを”大変”と思うか

”楽しい”と思うかは個人差が

あるのかなーと、、

 

まあ、これは個人的な考えですが^^;

 

 

 

 

なので、結局何が良いかと言うと

 

 

楽しんで練習しまくりゃいい!

 

楽しんでSNS投稿すれば良い!

 

それを毎日続ければ良い!

 

 

っと、思うのです^^

 

 

 

がむしゃらにやってきた

=無駄な行動や実践も多かったわたし

 

 

(なので、コツや方法を押さえて

効率よく、空回りしないような

努力の仕方があるというのを

NSPやセミナーでお教えしていってます^^;)

 

 

 

せっかく頑張るなら

無駄な頑張りは省けるだけ

省きたいものです。笑

 

 

あと・・

 

最初の頃の気持ちって

最初にしか味わえないんですよね。

 

 

 

新しい事を学んで

吸収していく気持ちよさとか。

 

サロンワークは今でも楽しいですが

当時のときみたいな

 

わたしに会いに来てくれているお客様や

再来店してきてくれた時の感動や嬉しさって

尋常じゃ無いくらいの気持ちになるんです。

 

 

それが、今では味わえない・・

(慣れって恐ろしい)

 

 

なので、これから独立する人や

ネイリストさんを目指している方を見ると

 

”ああ、これからあの感動が

沢山味わえるなんて羨ましいな〜”

 

 

なんて思います。笑

 

 

 

サロンに勤めていて来店される

お客様とは、正直比にならないくらい

思い入れが違うんですよね。

 

 

自分で1から集客して、

来店してきてくれて、更にリピートも

してくれた時の感動たるや。゚(T^T)゚。

 

 

 

ですので、先ほども書いた通りわたしは

”なんとなくネイリストになりたい”

という人は、嫌いです。

 

 

それは自分自身がネイリストという職業に

誇りを持っているし、それでご飯食べているし、

奥深き世界だなあと常々思うからです。

 

 

なんとなくネイリストとか、

舐めんな!って思います。笑

 

 

なので楽して簡単にネイリストになれる

とは全く思いませんが

 

 

楽しく毎日練習すればネイリストになれる。

 

と思っています^^

 

 

結局、全ては小さい事の積み重ね・・

当たり前だけど、出来ないものです(T▽T;)

 

 

セミナーなどでお会いした事のある

ネイリストさんのSNSを覗いていると

 

最初みんな頑張って、張り切って

投稿しているんだけど、

 

3ヶ月間そのペースで

継続できている人って1割も

いないかもしれない。

 

 

だからこそ、それができた時に、

他のサロンに負けない突起した

サロンになる事ができるんだと思います^^

 

 

 

今回は木村さんの記事に便乗してw

わたしのネイリストに対する思いを

綴ってみました。

 

 

言いたい事全部詰め込んだら

文章めちゃめちゃになりました。。

た、たまにはいいよね、、。

 

 

 

無断引用なので、

木村さんに怒られたらこの記事消します。

 

 

 

本日も最後までお読みいただき

本当にありがとうございました^^

 

 

 

ネイリストひかる

 

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>