「ネイリスト1年生」がやるべき集客方法とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-12-38-18

こんにちは!

最近急に寒くなって
風邪気味のネイリストひかるです。泣

今日は
「ネイリスト1年生」がやるべき集客方法
ということで

使っておくと今後
絶対に集客が増える媒体

を教えようと思います^^

 

というのも、こんな相談を
いただいたからです。

 

「はじめまして。
一年後にわ開業を考えているものです。

経営や集客など無知で未経験なことばかりなのですが、
技術わもちろんそれ以外に開業するまで
何をしておくべきなんでしょうか?

ある程度貯金が貯まり次第自宅サロンを考えています。
ご回答の方よろしくお願い致します。」

 

この質問者さんは、
これからネイルサロンを
始めていくわけですが
「自宅サロンを始めてしばらくたったけど
なかなか集客が増えない&安定しない・・・」
という人にとっても
共通する内容ですよね。

 

「どうしたら集客が増えるかわからない」
「まず何から始めればいいかわからない」

 

個人ネイリストさんにとって
この悩みが一番大きいと思います。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

そもそも集客のために重要なのが

「媒体選び」

です。

 

記事を投稿するにしても
画像を載せるにしても

そもそもその媒体から
集客できるのか?
が重要になります。

 

人が一人もいないサイトで
いくらがんばっても
意味ないですからね><

 

媒体選びのポイントは
2つです。

 

・既に人がたくさんいるか?
・これから伸びていくか?

 

この2つです。

 

特に、

・これから伸びていくか?

を重視しましょう。

 

なぜなら、これから
伸びていくということは

 

ユーザー数がどんどん増える
ということなので

今から頑張って
自分のアカウントの影響力を
上げておけば

ユーザー数が増えるのに従って
集客できる人数が
自然と増えていくからです!

 

逆に、どんどんユーザーが減っている
尻すぼみの媒体で
いくらがんばったとしても
意味がありません><

 

なんとなくわかりますか?^^

 

なので、これから
特に意識して欲しいことは

・これから伸びていくか?

ということです。

 

今でいうと

・ネイルブック

が熱いと私は思っています。

 

既に人気の媒体で
たくさんの人が
利用していますし

まだまだ成長中なので
今のうちにがんばっておけば
絶対に集客できるようになります!

 

まだネイルブックに登録していない人は
今すぐ登録してくださいね^^

 

ネイルブックの登録はこちら
https://nailbook.jp

 

ただ、中には

「もう登録しているけど
集客できていない」

「使い方がよくわからない」

「コツやポイントが
わからない」
という人もいると思います。

 

そんな方はぜひ
私の過去記事

 

【動画】ネイルブックでの予約システムで集客力UP!!〜使い方完全攻略〜
http://hikarunail.com/?p=1480

を読むとヒントを得られると思いますよ^^

 

ということで、今回は

「ネイリスト1年生」がやるべき集客方法

についてお伝えしました。

 

ちなみに、ネイルブックはもちろん
他の集客方法についても
わかりやすく知ることができる

 

プライベートネイルサロン
スタートアップセミナー

o1118050413763886105

の詳細をメルマガでお知らせしています^^

 

メルマガに登録している方は

ぜひチェックしてくださいね^^

 

今後お知らせが欲しい人は

無料なので、ぜひ今すぐ

登録してくださいね^^

 

メルマガ登録はこちら♡

http://hikarunail.com/merumaga/?page_id=276

 

それでは、今日も最後までお読み頂き
ありがとうございました!
ひかる

 

hikarumerumaga1

ネイリストひかるYoutube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>