【技術向上】ジェルメーカーは絞ったほうが良い?

スクリーンショット 2016-08-01 12.14.34

こんにちは!ネイリストのひかるです。

 

今回のテーマは

ネイリストさんが抱く素朴な疑問・・

 

ジェルメーカーは1つに絞った方が良いの?

 

それともたくさんのメーカーを広く使えば良いの?

 

ということについてお伝えしていきます。

 

スクリーンショット 2016-08-01 12.14.34

 

 

ネイリストとして独立して、

自分のサロンを持っている場合

ジェルを購入しますよね。

 

その時問屋さんに行くと

 

「たくさんメーカーがあって、どれにしよう」

 

「今使っているものと合わせてもっとたくさんの

メーカーも試してみたい」

 

ってなりませんか?

 

わたしは、なります^^;

 

例えば、エースジェルを使っているけれど

ココイストはどうなんだろう?

パラジェルはどうかな?

 

と、気になったりします。

他の方のブログを覗いて

質感や感想を拝見したりもします。

 

あちらこちらに目移りして

永遠と迷ってしまうくらい

ジェルのメーカーは本当に沢山!!!

市販のものまで含めたら

数百くらいのメーカーがあるのでは

ないでしょうか。

 

ネイリストになりたての方なんかは

何買えば良いか絶対分からないよなあ・・

と思ってしまいます。

あれもこれも欲しくなるし

試したくなりますよね。

 

ですがが、結論から言うと

わたし的には

 

 

メーカーはある程度、絞った方が良いです。

なぜかというと、

ジェルの感触や質感、粘度は

メーカーやカラーによってだいぶ異なります。

 

例えば同じ白色でも

Aメーカーは粘度が低くてムラになりやすい

Bメーカーは粘度があり発色が良い

というような事があります。

 

そしてジェルの性質を掴むのには

多少なりとも時間がかかります。

もうこればっかりは、

コツや裏技的なものがなくて

 

ただただジェルに触り続けて

分かっていくる感覚的なものです。

 

さらに同じメーカーでも

カラーによって粘度や質感が異なります。

 

”このカラーはゆるめだからタイダイ柄に向いてる”

”こっちのカラーは硬いからクリアを少し混ぜたら上手くたらしこみアート出来るな”

 

など、1つのカラーに対して

触って触って触って

そのカラーを熟知することで

分かってくる、使いこなせてくる、

掴めてくるようなことがあります。

 

ですので、これが

まだ扱いこなせていないまま

新しいもの、新しい技法、って

沢山取り入れてしまうと

全てが中途半端になってしまう

わたしは思っています。

 

ネイリストって技術職なので結局

 

極めることが上達への1番の近道

 

なんですよね><

 

 

実際にわたしはネイリストに

なりたて~2年くらいまでは

 

「この色とこの色混ぜたら

どんな色になるんだろ????」

と、施術中の調合作業で

全くお客様の希望の色にならずに

何回も混ぜ直して

時間ロス&ジェルの無駄遣いを

していました。

ですが今では

これとこれをこのくらいの分量

混ぜたらこの色に仕上がって

最後に上からこのカラーを

薄く被せたらくすんだ仕上がりに

出来るな~

って、瞬時に分かるように

なりましたし、

 

お客様と一緒に悩んで

試行錯誤するのではなく

きちんと的確に色の説明や

この程度の仕上がりになる!

ということをお伝えすることが

できるようになりました。

 

クリアジェルにしろ

カラージェルにしろ

 

持っているジェル1つ1つの

性質をよく理解すること。

 

それが技術向上ではないかなと

思っているので結論はジェルのメーカーは

絞った方が良い、になります。

 

因みに、ここでいう

絞るというのは

 

カルジェルならカルジェル

だけを使いましょう。

 

というわけではありません。

 

使っているものを定めたら

あれもこれもって手を出す前に

その物たちを極めることが大事

 

ということです^^

 

私の場合

 

ベース→バイオ

 

カラー→ラピ、エース、リーフ

    合わせて50種類前後

 

トップ→エース

 

を使用しているのですが

どれも何年も使っているジェルたちです。

 

カラーは特に、少し数を増やすくらいで

基本的に変えたりはあまりしません。

調合力がつけば、ある程度どんな

色でも作れるようになりましたし

アートする時に1から新しいジェルを

試しながら施術するのは大変><なので・・

まだジェルが定まっていない方は

ネイルパートナーさんやTATさんなどの

店頭や無料セミナーなどで

試し塗りをさせてくれたりするので

 

是非そういうので

自分に合ったジェルを

見つけてみてください(*^^*)

 

【関連記事】

こちらも合わせて参考にどうぞ♪

 

▶︎できないデザインを頼まれた時の対処法徹底解説

▶︎簡単にデザインバリエーションを増やす方法

▶︎色ムラのないワンカラーを塗る簡単テクニック

 

因みに余談ですが・・

 

ジェルを定めるというのは

独立しているネイリストさんなら

尚更やった方が良いと思っています。

 

ジェルのみならず、

技術なども同じです。

 

”自爪に優しいカルジェルを使用”

 

”リペア(フィルイン)で傷みにくい技術”

 

”光沢感の強いアクセンツ使用”

 

などと、特化したものをウリにできますし

コンセプトも定めやすいですよ^^

 

個人サロンの方は是非、

メーカーやジェルを定めて

”自分の物”にして、

サロンの強みを出していってくださいね。

 

ということで今回は

ジェルメーカーは絞った方が良い!!

ということについて、お伝えしていきました。

 

本日も最後までお読みいただき、

本当にありがとうございました。

 

ネイリストひかる

ネイリスト ブログランキングへ

にほんブログ村

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube

 

 

facebook1

他にはこんな記事もオススメ!

 

・ブログコンセプトについて

・【経営のコツ】ネイリストの価値を高める2つの方法

・【おすすめ】稼ぎ続けるネイリストになる2つの方法

・【ネイルサロン集客方法】ネイリストの集客3つの武器

・【ネイルデザイン】ゼロからネイルのデザインを生み出す3ステップ

・【ネイリスト接客術】お客様と気まずくならない接客9つのコツ

・【ネイリストのなり方】なぜネイルど素人が独学でネイリストになれたのか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>