独学でサロンワークスキルを身につける4つの方法

images

こんにちは!ネイリストのひかるです^^

 

今日は私が行っている

3ヶ月間でプロのスキルを完全習得するプログラム

NSPの最終セミナーでした。

 

S__25485315

 

第2期のNSPでは

25名以上の方に参加していただいたのですが

 

3ヶ月間前と比べて、皆様が

確実にレベルアップしていて、私としても本当に嬉しく

自宅に戻ってから泣きました。。泣

 

 

当初は予定になかったのですが

私の方でもなんとかもっと

お役に立て無いかと考えて

なんとディプロマの発行までしました!

 

 

皆様のおかげで、私自身も

こうして新しい経験ができて

本当にありがたいです^^

 

 

後日、セミナーで話した内容

についてブログにまとめますので

楽しみにお待ちくださいね^^

 

 

さて、今回は独学でサロンワークスキルを

身につけるためにはどうすればいいのか?

という疑問を解決していきます。

 

わたしの元にくる相談メールで

多いのがこの手の悩み!

(1人1人に返信できず申し訳ありません><)

 

 

わたしは正しい知識さえあれば

検定もいらないしスクールも通わず

ネイリストになれる!

 

と、言っていますが

 

じゃあ何から始めたらいいの?

 

というところですよね。

 

なので、独学でプロのネイリストとして

活躍するまでなにをどうしたらいいのか。

 

というところを分かりやすく

4つの方法で解説していきますね^^

 

 

まずはじめに・・

 

1【基礎を知る】

爪の専門用語や病名、ジェルの性質など

ネイリストとして知っておくべき知識を学びましょう。

 

ありがたいことに今の時代

ネットを探せば簡単にたくさんの情報が

無料で手に入ります!

 

例えば爪の名称や

ネイル用品の専門用語、

 

主流ジェルブランドや

サロンのテーブルセッティングなど

 

 

インターネットで学べるので

是非調べてみてください^^

 

 

img_learning_03_01-1

 

 

 

 

わたしは検定3級しか持っていませんが

検定受けて良かったなと思うのは

技術よりこの

 

”基礎知識”

 

を学べたことかなと

思います。笑

 

 

爪の形のラウンドやスクエアという

超初歩的なところから

 

ストレスポイントや

ハイポニキウムの意味まで

ちゃんと理解できました。

 

 

ただ、検定だと検定用の

高いテキスト買わなきゃいけないのと

皮膚や骨の構造など

絶対使わないでしょ的なことまで

詰め込まなきゃいけないので・・

 

 

ネットで十分ですよ^^

 

そして次に

 

2【材料を揃える】

 

今後ネイリストとして仕事を

していきたいと思っているならば

 

 

今すぐプロ用ジェルメーカーに

変えてください。

 

 

images

 

 

 

 

 

 

きちんとしたプロ用品を使うことで

持ちが良くなり、

クオリティも上がります。

 

目安として1つ600円以下の

安いカラージェルは

捨てた方が良いです!

 

ジェルに触れ、特性を理解して

慣れて、技術が上がっていきます。

 

 

なので少しでも早く

プロ用品を集めていくことを

おすすめします。

 

 

3【自分の爪やチップに練習】

 

 

そしてまたありがたいことに

今は基礎から最新アートの作り方まで

たくさんYouTubeにUPされています。

 

 

まずはチップや自分の爪に練習して

感覚を掴みましょう。

 

 

スクリーンショット 2016-05-17 19.49.08

 

 

 

 

 

 

最低限完璧にしたいのは

 

・ジェルオフ

・プレパレーション(下処理)

・ベース塗り

・ワンカラー

・フレンチ

・グラデーション

・トップジェル塗り

 

この7つ!

 

これをマスター出来ていればOK!

 

あとはアートの応用のみなので

まずはこの工程が出来るようになりましょう。

 

 

 

4【ハンドモデル募集】

 

 

もしおうちにスペースがあるならば

まずは家族や友達から

施術してみましょう。

 

 

そして少し慣れてきたら

【練習モデル】をネットやアプリで

募集してみてください。

 

 

これがプロネイリストの第一歩です!

 

 

最初は無料か材料費として

1000円程度で施術していきます。

 

 

友達でも知り合いでもない人に

実際施術するのは本当ドキドキします!

 

 

でも、場数をこなすことで

だんだん慣れてきて

 

 

手際も技術も良くなってくるので

自然とその流れでネイルサロン開業ができます。

 

 

結局、技術職は経験命!

 

頭で理解しても

検定取っても

 

実際に施術しなければ

上手くはなりません。

 

 

失敗を恐れず

どんどん施術していくことが

プロネイリストへの近道です。

 

 

 

応用編【ネイルサロンに行ってみる】

ネイルは大好きだけれど

ネイルサロンに行ったことのない方って

意外と多いと思います。

 

 

しかし、サロンワークの

流れを知るためにも一度お客さんとして

ネイルサロンに行ってみることを

強くおすすめします!

 

個人的にはスクール通うなら

サロンに10回通った方が

確実に勉強になります。

 

 

施術もそうですが、

接客や来店から帰るまでの流れなど

一通り体験できますし

 

大手サロンから小規模サロン

個人サロン、自宅サロンと

経験しておくと

 

違いが分かります。

 

こんな接客が嬉しかったな

このサービスは微妙だななど

 

”自分だったらこうするな~”

 

なんて夢も現実的に

広がっていきますよ^^

 

 

ということで、

独学でネイルを学んでいく流れを

解説していきました。

 

 

先ほど書いたように

今の時代ネットにはたくさんの

情報が溢れています。

 

 

そのため、逆に情報過多すぎて

何が正しいのか?というように

追求してしまいがちです。

 

が、

 

正直、ネイルに正解って

あまりない!笑

 

とわたしは思います。

 

 

正しい基礎知識は必要ですが

それ以降は自分のやり方

で良いんですよね・・

 

今有名なネイリストの先生たちって

スクールに通わず独学で

ネイルを勉強して開花していった方が

実は多いんです。

 

 

今みたいにYouTubeも発展していないし

地方だとスクールもないし・・

 

その中で独自の方法で

施術してきた方ばかり!

 

ということは、

 

自分のやりやすいやり方で良い

 

ということなのです。

 

 

ガチガチに

 

”これはこうしなきゃいけない”

 

という固定概念は捨てて

自分のやり方を見つけて下さい^^

 

ネットはわたしのブログ含めそうですが

”こんな手法もある”という

参考程度にして、

 

何が正解なんだかわからない!

 

と思わないで

この人のやり方がスッと

入っていくな~

 

というものを

取り入れていけば

良いです^^

 

例えばですが

 

自爪をいかに傷つけず

持ちの良いジェルをつけるか

 

を重視している方はフィルインや

ノンサンディングジェルを

使えば良いと思いますし

 

 

爪の痛みよりアートや持ちを

重視する方はそれで良いと思います。

 

 

”絶対検定取らなきゃネイリストになれない”

 

”スクールに通わなきゃプロにはなれない”

 

”ジェルの成分知らなきゃプロと名乗れない”

 

 

 

に、縛られていると

本当に遠回りです。

 

 

ジェルの詳しい成分とか、

わたし今でも知らないです・・苦笑

 

 

検定2級すら持ってないです・・

 

 

でも困ったこと1度もないですし

自分がプロとして劣っていると

感じたこともないです。

 

 

 

それぞれなのです。

 

 

 

そこを理解しておくと

ネイルを独学で学んでいく上で

彷徨わずに済むかなと思います^^

 

 

ということで今回は

サロンワークスキルの身につけ方について

詳しく解説していきました!

 

 

 

明日のメルマガでは

6月に行う1dayセミナーの

先行募集をお送りします。

 

 

とは言っても

全く1人だと不安・・

 

 

というネイリストさん、

セルフネイラーさんに向けて

 

基礎から学べるセミナーを

毎月開催しています。

 

 

もちろん基礎を学び直したい

プロネイリストさんもOKです。

 

 

1日だけでもしっかり

流れや施術方法を掴むだけで

次のステップに踏み出せますよ^^

 

 

 

是非明日のメルマガで

詳細を読んで申し込んでくださいね。

 

 

本日も最後までお読みいただき

本当にありがとうございました。

 

 

 

ひかる

 

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube

 

facebook1

#ハッシュタグ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>