【技術動画】絶対に剥がれないエッジの塗り方・仕上げ方

スクリーンショット 2016-05-07 20.29.59

 

こんにちは!ネイリストのひかるです^^

 

今回はネイリストを目指している方の

技術向上!動画を紹介します。

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

・エッジが上手く塗れない

・先端からジェルが剥がれてきてしまう

・短い爪に上手く塗れない

・すぐジェルが浮いてしまう

・カラージェルがムラになってしまう

 

この悩みを簡単に解決出来る

動画をUPしたので是非ご覧ください^^

 

 

この動画では

 

・短い爪へのジェル塗り方

・絶対に剥がれないエッジの塗り方

・トップジェルの覆い方

・はみ出た時の対処法

・仕上げの際の持ちを良くするコツ

 

を徹底解説しながらお伝えしています。

 

先端からジェルが剥がれてきてしまうのは

【ネイリストのせい】

が100パーセントだと思ってください。

 

2週間後に根元が浮いてきちゃった・・

というのはもしかしたら

お客様の扱いの場合もありますが

 

それでも基本的にジェルは

3週間持ちます。

 

水仕事が多いお客様でも

アパレルで手先を使うお客様でも

 

先端から剥がれるのは

こちらの過失です。

 

わたしはここ数年

3週間以内に

「剥がれちゃいました」

 

というクレームは一切頂いていませんし

1ヶ月後もみなさん綺麗に

伸びて来店してきます。

 

じゃあ、先端から剥がれてしまう

原因ってなんなの?!

 

ってところなのですが

 

・安いジェルを使用している

・エッジ部分だけ左右に筆を動かす塗り方

・コットンで拭いて完成

 

この3つが大体当てはまります。

 

安いジェル使用は論外なので飛ばしますが

重要なのは下2つ!!!

 

エッジ部分を左右に塗るやり方って

検定の、しかもマニキュアのやり方で、

 

サロンワークのやり方とは

ちょっと違うと思っています。

 

長い爪なら良いのですが・・

サロンに来るお客様で

検定モデルのようにベッドが

綺麗な方はごく少数・・

 

大体の方が生活に合わせて

短い爪、深爪の場合が多いのです。

 

深爪の爪に、筆を左右に動かしたら

周りの皮膚にジェルが

べっちゃべちゃに付くだけ!!!笑

 

時間もかかるし、

ジェルはムラになるし、、

最悪です。笑

 

では

どうするかというと、

 

【根元から先端まで一気に筆を引いて

エッジ部分で筆を下に降ろす】

 

という方法です。

 

超簡単・・笑

 

その方法についてまとめたので

是非動画をみてください。

 

エッジは一気に根元から先端まで塗って

筆を下げるだけで綺麗に覆えます。

 

スクリーンショット 2016-05-07 20.29.59

 

その時に深爪の方だと

べっちゃべちゃではないけど

多少皮膚にジェルが付着してしまいます。

 

で、ここで重要なのが

最後の仕上げになってきます!

 

最後、未硬化ジェルを

拭き取りをしてから

わたしは必ず

 

エメリーボードで

先端~サイドをファイルして

はみ出た箇所を整えます。

 

o0671053113639930656

 

↑このようにファイルを食い込ませると

少しジェルがはみ出てるのが

わかりますよね><

 

最後の仕上げの際に

先端~サイドを削ることにより

浮きを回避できることになります。

 

(根元は修正できないので慎重に・・)

 

よく、この技法を紹介すると

「え!削ったら取れやすくなりませんか?」

と驚かれるのですが逆なのです~~!

 

この工程をしないと

見落としていたはみ出た箇所から

浮いてきてしまい

 

結果ペロンと先端から

剥がれてしまうことになります><

 

最後のファイルがけは

しっかりジェル自体が爪と密着していれば

全く問題ありません。

 

カラーがムラになりやすい方は

もしかしたら

先端を覆わなきゃ!と思って

筆を動かしすぎなのかもしれません。

 

はみ出しが怖くて思い切り

筆を引けていないのかもしれません。

 

そして仕上げのファイルがけは

取れるからダメ!と思っているかもしれません。

 

が、

 

実は正しいと思っていたことが

全部真逆だったりします^^

 

・筆は下に降ろすだけでOK

・はみ出たら拭えば大丈夫

・仕上げは拭き取り後にファイルがけ

 

というポイントを押さえて

実践してみてくださいね。

 

サロンワークでは丁寧さも大事なのですが

最後の仕上がりが綺麗にできていればOK!

なのです。

 

わたしはこの動画の途中で

自分の爪ではみ出た箇所を

拭っています。

 

これはウッドスティックで

拭った方が良いです。

 

が、わたしの場合

時間短縮のためあえて

爪でしています。笑

 

これが見本だとは思いませんが

サロンワークではいかに

手際よく効率的に

施術していくかも重要ポイントです。

 

なので、省くところは

省きたい気持ち・・^^;

 

わたしの場合このやり方で

今まで1度もお客様から

指摘されたり、クレームを

受けたことはありません。

 

唯一、爪ではみ出し箇所を

拭ったらスクールでは怒られてました。

 

あと多分検定でやったら失格・・w

 

でも現場では違う・・

 

きっとこういう横着してる

ネイリストさんってたくさんいます。笑

 

とはいえ、

ウッドステイックの方が

衛生的だとは思うので

一つのやり方として

参考にしておいてください^^

 

サロンワークって本当、

応用力が必要です!

 

時にスクールや検定で

学んだことが先入観になり

技術の妨げをしていることもあったり・・。

 

なのでわたしは

サロンワークでの応用!

時短になる技術!

 

をこれからも

お伝えしていければなと

思っています^^

 

ということで今回は

わたし的絶対に剥がれない

エッジの塗り方・仕上げ方について

お伝えしていきました。

 

このような技術動画は

ネイルスキルアッププログラムに

参加している方により詳しく

サロンワーク技術動画を

配信しています。

 

1から実践的な

サロンワークを学びたい!

 

現場で使えるアートを学びたい!

という方は是非次期募集を

お待ちくださいね^^

 

また、近日中に

実際にわたしが直接教える

1dayネイルセミナーの

6月募集をメルマガ読者様先行で

させていただきます。

 

1dayネイルセミナーの

詳しい詳細は

こちらからどうぞ

 

少人数制のため毎月

すぐ埋まってしまうので

是非申し込みたい方は

無料メルマガに

登録してください^^

 

《メルマガ登録はこちら》

 

本日も最後までお読みいただき

本当にありがとうございました。

 

ネイリストひかる

hikarumerumaga1 ネイリストひかるYoutube facebook1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>