【失敗談】なぜ価格を下げてはいけないのか?

o0480048013622841494

 

こんにちは!ネイリストのひかるです^^

今回は自宅ネイルサロンや

個人ネイリストさんが陥りがちな

”低価格設定”についてです。

 

 

わたしは度々、セミナーなどでも

「低価格にしたら身を滅ぼす!!」

と口を酸っぱくして言っているのですが

それはなぜなのか・・
低価格=薄利多売

という単純な理由だけではありません。

 

売上げが上がら無い以上に

苦しむことがあるので

 

これから独立するネイリストさんや

今個人ネイルサロンをされている方は

是非参考にしてくださいね。

 

本題、

そもそも、価格を低く設定してしまう

理由としては・・

 

・価格競争にのってしまう

・メニューを安くすれば喜んでくれる

・毎月通いやすくなる

・集客がしやすい

 

というのが大半です。

 

近所のサロンより

500円でも安い方が

集客できるんじゃないだろうか

 

 

毎月気持ちよく

通ってくれるんじゃないか

 

という考えになりがちなのですが

 

ただ、これ、全くの大間違い

なのです><

 

実は真逆で・・

 

・安いほど変な客がくる

・安いほどずうずうしくなる

・客の質が悪くなる

・クレーマーが増える

 

という売り上げ面以外での

内面的苦痛や

身体的疲労が待っています・・!

 

 

脅しじゃなくて、本当に;;

 

 

例えばわたしは実際に

サロンオープン当初

平均単価が4000円程度でした。

 

 

その時のお客様は

ドタキャンや遅刻が多く

言いがかりが多かったり、

 

何かにつけて

クレームっぽい方など

 

それはそれは酷い客層でした。。

 

 

それが、価格を上げてからは

新規の方でも低姿勢で朗らかな

お客様ばかりになったのです。

 

 

新規の方の無断キャンセルは

ほぼ無いに等しいです。

 

同じ土地、同じネイリストなのに

料金が違うだけで

お客様の客層が

ガラリと一変したのです。

 

 

今のわたしのサロン平均単価は

7500円~ほど。

地域的には安い方ですが

 

昔より3000円程度上がっただけで

客層がとっっっても

良くなるという結果に(*^o^*)

 

これはなぜかというと

主観的な考えですが

 

気持ちにもお金にもある程度

余裕がある人は文句を言わない

傾向性が高いです。

 

 

そのような方はきっと

普段から少し良いレストランや

施設に行っていると思うのです。

 

そうすると

”プロのおもてなし”を

知っていますよね。

 

こちら(プロ)に身を委ねれば

上手くやってくれることを

分かっています。

 

 

なので、

 

安かろう悪かろう

という意識もきっとあるはず。

 

 

”ある程度の料金を支払って

質の良いサービスを受けたい”

 

と思っている

質の良いお客様な場合が多いです。

 

それが、安さを求めてくる方ほど

 

”安くてもお金を払っているのだから

満足のいくサービスをして!”

 

という大きい態度になってきます。

 

(わたしの経験ではこのような

お客様が多かった)

 

これって、結局

 

お金をある程度払ってる人は

まともな人が多い

 

ということに繋がります。

 

極端ですし、

全てがそうではないですが

 

一つの物差しとして、

そう感じます^^

 

 

正直サロンワークでも

オンライン上でも同じだなと

感じています。

 

わたしのレッスンやセミナーや

プログラムを実際に受けた方は

みなさん本当に良い方ばかりですが

 

ネット上のみで

わたしと関わらない方ほど

 

マナーの悪い対応をしてきたり

品の無い言葉で嫌味を送ってきたり

常識的ではない対応をしてきます。

 

(ほんの一部の方ですが・・><)

 

 

わたしの元に届くメールは

激励や感謝の内容が多く

 

悩みなども丁寧で

お会いしたことなくても

文面でわかるほど

良い方ばかりなのに

10良い言葉でも

1嫌な言葉があると

そっちのほうが強烈に

残ってしまうものです。

 

サロンワークでも

ほとんど良いお客様なのに

少しでも質の悪いお客様がいると

ダメージがでかいのです。

 

実際にわたしは

 

本当はサロンワークでも

オンラインプログラムでも

気持ち的には

ボランティア価格で良いなと

思っていても

 

自分の”価値”を下げない為

変な人に捕まらない為

 

にも、ある程度の

価格設定をしています。

 

(もちろん値段相応以上の

満足度になるようにしています)

 

 

 

何も買わない人や

全て安く安くサービスを

受けたいって方ほど

文句いう人が多いっていうのは

 

長年商売してきている方なら

誰でも頷ける事実だと思います。

 

 

で、ここでポイントなのは

 

わたしたちは個人で経営をしている

ってところです。

1人で商売をしていると

誰も助けてはくれません。

 

 

サロンに勤めていれば

サロンの責任、店長が謝罪

で済みますが

 

個人だとそうはいきません。

 

全ての責任・対応が

自分に降りかかってきます。

 

1つのクレームや

1人の嫌なお客様に

当たってしまった時の

 

心のダメージ破壊力は

想像以上です^^;

 

理不尽な言いがかりに

家帰って泣いたこともあるし

 

口うるさい常連様がくる

前日の夜は胃が痛くなってました。

 

「4000円で2時間も頑張って

なにやってるんだろう・・」

 

って当時思うようになっていました。

 

こ、こわくないですか・・?笑

 

こうならない為にも

 

最初の段階で

自分の身を守る対策

 

をしておくべきなのです。

 

その対策こそが

 

 

”価格を下げないこと”

 

 

に、繋がります。

 

 

地域や状況によりますが

平均単価が最低5000円を

下回らないように

 

料金設定をしておくと

良いのではないでしょうか^^

 

 

値段は自分やサロンを守る

1つの守備アイテムだと

思ってください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

このようなわたしの経験は

”しなくて良い経験”

だと思っています。

 

 

ネイリストが楽しいって

思える真相心理は

 

大好きなネイルができるとか

技術があがるとかも

あるかもしれませんが

 

自分に良質なお客様が

どれだけ付いてくれるか

 

が一番だと思っています。

 

それだけで毎日の

サロンワークが

めちゃくちゃたのしくなりますよ^^

 

わたしはブログの書き方的に

自信家に見えそうなのですがw

 

気も弱いし打たれ弱いです。笑

 

 

なのでなるべく

自分が傷つかない回避術っていうのは

身につけておくべきだなあと

ネイルサロンを継続してきて

常ずね思っています^^;

 

なのでこれを読んでくれている

あなたにも、メニュー価格は

よく見直してみてほしい

ポイントの一つだなと

思いました。

 

 

ということで今回は

わたしの失敗談を交えた

 

価格を下げてはいけない理由

 

についてお伝えしていきました。

 

 

是非参考にして

価格設定を見直してみてくださいね。

 

本日も長文を最後までお読みいただき

ありがとうございました^^

 

ひかる

hikarumerumaga1 ネイリストひかるYoutube facebook1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>