【サロンワーク応用】出来ないデザインを頼まれた時の対処法徹底解説

21f12b553704958af027095c0ed3d79159b3d0ab

こんにちは!ネイリストのひかるです^^

 

今回は、個人サロンや自宅サロンを

されている方から

わたしの元によく頂く悩みの1つ

 

「他店舗の持ち込みデザインが

できなくてこわいです。」

 

「できないデザインをオーダーされて

頑張ったけど酷い出来になってしまう事が多く

どうすればいいか分かりません」

 

といったような内容の

解決法&対処法を徹底解説していきます!

 

この難題、、

わたしもサロンをオープンして

3年経っても怯えていたので

よくわかります><

 

なので今回の記事では

実際にサロンワークで使える

実践的な対処法を

詳しく解説していきますので

 

同じ悩みを抱えている

ネイリストさんは是非

役立ててください。

 

というか、今回の記事は特に!

本当に役立つ超オススメ記事です!笑

 

それでは、本題。

 

そもそも

なぜこんな事が起きるのか?

というところですが

 

ネイルをしたい方は

どうやってネイルサロンを

探すかというと

 

今の時代は大体が

インターネットでの検索です!

 

ネイルブックやインスタグラムなど

SNS上で自分が次したいデザインを探します。

 

そして可愛いデザインが見つかって、

このデザインをしたい!

 

と思ってサロン情報を後から見ます。

 

そうすると、

当たり前ですが大抵

遠い場所やすぐ行けるような

サロンではない場合が

多いんですよね^^;

 

そうすると次に

 

自分の行ける範囲、地域内で

安くてこのネイルをやってくれそうな

サロンを探します。

 

条件としては

 

・デザイン自由

・やり放題

・価格が安い

 

というものに目が止まります。

 

そして、そのワードにヒットしたであろう

あなたのサロンに予約をして

持ち込み画像を持ってくるというわけです。

 

自宅・個人サロンをされている方は

特に値段を下げてしまいがちなので

 

凝っているデザインなのに

5000円未満で施術しなければ

いけない状況を自分で

作ってしまいがちです。

 

そうなると

 

”こんな時間かかりそうなアート

技術的にもコスト的にも無理だよ・・!”

 

という最悪の事態に直面してしまいます!笑

 

実際にわたしもこのパターンで

当時ストーン、アート、なんでもやり放題

5500円!で打ち出していました^^;

 

その結果、

できないデザインをオーダーされて

無理やり頑張ったけど

 

時間もかかりすぎるし

全く違うデザインになってしまい

クレームになってしまった・・

お客様が終始不機嫌だった・・

 

という思いを何度もしています><

しかし!

今はそんな事ありません^^

 

ある程度技術が上がったのもありますが

とは言ってもわたしにも

得意分野もあれば

今でも苦手な分野もあります。

 

では

 

なにが大丈夫なのかというと

対処法を知っているから

なのです^^

 

なので、ここからは

 

出来ないデザインを頼まれた時の

3つの対処法

について詳しく解説していきます!!^^

 

1【サロンコンセプトを絞る】

 

コンセプトを絞る理由は

たくさんあるのですが

 

その中でも

デザインの的を絞ることにより

そのネイルデザインを求めてくる

お客様ばかりになります。

 

例えばわたしは

当初ノーコンセプトだったので

あれもこれも

多種多様なデザインをオーダー

されていました。

 

まあこれはこれで

鍛えられるのですが

 

上記にも書きましたが

出来ないデザインを無理くりやると

結局違うデザインになって

最悪な結果になります。

 

キャラ物(ミッキーとか)

頼まれた日には、どこの中国製?苦笑

 

ってな感じです、、。^^;

 

しかし、

 

わたしの今のデザインコンセプトは

甘くてガーリーな世界観を

全面に押し出しているので

 

奇抜なデザインやキャラクター、

的外れなデザインを持ち込む

新規の方は大幅に減りました。

 

持ち込み画像があっても

だいたいわたしのサロンデザインと

似たようなデザインです^^

 

なのでもしあなたが

シンプルネイルデザインを

コンセプトにしたのならば

ブログやSNSには

 

凝ったデザインを一切載せないように

することがポイントです。

 

ショートネイルがコンセプトなのに

間違っても上手に出来たからと

ロングネイルを載せては全く意味がありません。

 

それが、コンセプトの

軸に沿ったサロン作り、

的を絞った集客法の第一歩です^^

 

もし望んでいない客層、

苦手なネイルデザインを

してるのであれば

それはあなたのサロンのコンセプトが

ずれているからなのです。

 

是非見直してみてくださいね^^

 

2【他店舗と当サロンの材料の違いを説明する】

 

それでも、的外れな

デザインを持ち込まれる事は

たまにあります!

 

あとはコンセプトに沿ってるけど

できなそうなデザインもあります。

 

例えば、近年だと

たらしこみアート

は大流行していますが

 

このアート、超ネイリスト泣かせ!笑

 

そもそも難しい技術ですし

どう作ってんのこれ?!

 

という神業なたらしこみフラワーなど・・

ありますよね?笑

 

それってそもそも、

使用しているジェルが違ったり

 

ジェルじゃなくて

絵の具の場合も多いですし

 

はたまたエアブラシの場合もあります。

例えばこのわたしのネイルデザイン↓

 

o0640064013599801630

 

たらしこみフラワーが

見ただけでジェルで描いてるかどうか

分からないですよね・・

(実際はジェルで描いてます。)

 

ジェルの中でも

どのメーカーなのか

どの品番なのかで

ジェルの質や仕上がりが違います。

 

それに加え絵の具?

エアブラシ?

 

見ただけじゃ

わからないよ~~~!

 

なんてことはざらにあるわけです。笑

 

なのでここで重要なのは

 

全ての技術を習得するように

頑張るのではなく

 

自分が今できる技術や

持っている材料で

どこまで似せれるかを

把握しておくことです。

 

わたしは今でも

エアブラシはできませんが

今後できるようになろう!

とは思いません。

 

それはなぜかというと

 

エアブラシのような

技法にジェルでどれくらい

自分が近づけられるかを

 

把握できているので

お客様にも説明がつきます。

 

ジェルのみの技術でも一緒です。

 

例えば、たらしこみフラワーに対して

 

「このデザインは、透明感は

似せられますがうちのお店にある

タイプのジェルでは色合いは

もう少し赤っぽくなってしまいます。」

 

などとお伝えします^^

 

 

同じようなカラーがあっても

ムラになりやすいカラーだと

違う雰囲気になるな

 

 

でもこの色だと

デザインの雰囲気は

同じにできるな

 

と一瞬で判断できます。

 

そしてそのことを

そのままお客様に伝えて

提案につなげていくのです。

 

自分の技量と

手持ちの材料をしっかり

把握すること

 

お客様に

違いを説明できるようになります。

 

そもそも使っている

ジェルの粘度や質感が違うので

 このデザインにはなりません。

 

とはっきり言ってしまって

構いません。

(お客様にはもっと分かりやすく言います)

 

そっちの方が、

お客様的にも自分的にも

あとあと気持ちよく終われます^^

 

けど、いうだけ言って

終わりではダメです!!!!

 

その後に

 

「こんなデザインならできますよ^^」

 

と提案をしっかりすることで

お客様も路頭に迷わなくて済みます。

 

なので、しっかりと

今あなたが持っている

技術、材料を把握しておくことが

 

回避ルートの近道です!

 

これは出来ないけど、

自分がどれをやれるかも分からない、、!

 

では、お客様も迷ってしまい、

結果時間もかかってしまうし

不機嫌にもなってしまいます。

 

技術の確認、デザインの提案&誘導力を

つければ、もう!出来ないデザインで

苦しむことはありませんよ~^^

 

3【予約の際に説明文を送る】

 

念には念を。

 

この方法はとても有効的!

後々クレーム防止になりますし、

必ず書いておくことを

おすすめします。

 

わたしは基本的に

サロン予約をメールや

LINEでほぼ行っています。

 

そもそも電話があまり

好きじゃないという理由も

あるのですが^^;

 

が、予約は電話よりも確実に

メールの方が良いです!

 

色々な理由がありますが

 

ここでの第一理由としては

 

”できない技術があります!”

 

ということを

予め伝えておけるという

メリットがあります^^

 

どういうことかというと

 

実際にわたしのサロンに

予約してくれた方には

このような内容の返信をしています。

 

o0596026813592126045

 

↓ここの部分!!!!!

 

”当店に無いパーツや材料の違いなどで

100%一緒にはなりません。”

 

 

”他店舗のデザインでやりたいものが

お決まりであれば

事前に写メを送っていただければ

幸いです。”

 

 

これを書いておくだけで

お客様も理解して来店して頂けますし

 

事前に写メを何枚か送って頂ければ

練習するか、提案するか、

ある程度の構えや準備ができますよね?^^

 

最後に

 

”この内容で宜しければ

返信を頂いて予約完了となります”

 

と、しておくだけで全てに

了承を得ている意味になりますし

 

後々のクレーム対処にもなります。

 

これが電話だと長々説明って

出来ないですし難しいのです><

 

なので急ぎの予約以外は

メール予約に誘導するような

ブログやHPを作ってみてください^^

 

電話予約が主な方は

HPなどに書いておくのも良いですよ。

 

———————————————

 

いかがでしたでしょうか?

 

1【サロンコンセプトを絞る】

2【他店舗と当サロンの材料の違いを説明する】

3【予約の際に説明文を送る】

 

上記の3つの方法を押さえておけば

ある程度できないデザインを

無理やりやる羽目になる・・

 

なんてことを回避できるように

なりますよ~!

 

まあ、ネイリストというものは

できないデザインをこなしていって

できる幅が増えていくという

体当たりな仕事でもありますが・・^^;

 

それでもどうしても

苦手なデザインはあるものです!!

 

3つの対処法を是非あなたのサロンにも

取り入れてみてくださいね^^

 

今回はサロンワークでの

ちょっとした回避方を

解説していきました!

 

そして、このような

サロンワークで使える小技や

集客法などを詰めこんだ

 

個人サロン向けセミナー

 

ブログ、SNSに特化した集客セミナー

 

を4月又は5月に開催しようかなと考案中です^^

 

・これから個人サロンを開きたい!

・集客方法が知りたい!

・常連様を増やしたい!

 

という方は是非参加してください^^

 

こちらも~10名までの

小規模セミナーで行う予定です!

 

サロンをオープンしたけど

このような対処法って

一人では思いつきにくかったり

経験がないとわからない

細かい部分がたくさんありますよね?

 

サロン集客も

頭ではわかるけど、実際に

どっからどうすればいいかわからない・・

というネイリストさんも多いはず><

 

わたしは大手サロンの

集客方法はわかりませんが

 

個人サロンでの集客法や

サロンワークでの疑問は

出し惜しみなく教えられる自信があります!

 

これからサロンオープンしたい

サロンを円滑に回したい

 

というネイリストさんたちに

是非知っておいて欲しい内容です。

 

 

3月中にメルマガで

先行募集するので是非

受講したい方はメルマガ登録してくださいね^^

 

 

そして

みなさまアンケートの

ご協力ありがとうございます!

 

引き続き募集していますので

是非お答えくださいね^^

 

アンケートはこちらからどうぞ

 

それでは本日も、長文を

最後までお読みいただき

本当にありがとうございました。

 

ネイリストひかる

hikarumerumaga1 ネイリストひかるYoutube facebook1