【NSPスタート】セミナーレポ&ネイル技術をあげるためには?

スクリーンショット 2016-03-03 1.08.12

 

 

こんにちは!ネリイストのひかるです^^

 

今月も宜しくお願いします。

 

さて、3月からいよいよ

ネイルスキルアッププログラム(NSP)の

第2期がスタートしました!

 

 

サロンワークで実践的に使える

ノウハウや上達の近道についても

この記事でお伝えしているので

 

今からネイリストになりたい!

セルフネイラーから抜け出したい!

ネイルで独立したい!

 

という方は是非参考にしてください^^

 

 

 

今期のNSPでは予定した人数より多く

約30人ほどの参加者さんたちと一緒に

 

これから3ヶ月間で

プロのサロンワークスキルを身に付けて

頂けるように一緒に取り組んでいきます!^^

 

 

NSPとは、

検定に頼らず

スクールに通わず

 

本当にサロンワークで

使えるスキルを3ヶ月間で

習得して頂ける

オンラインプログラムになります。

 

 

3月1日からスタートということで

集まって頂ける方たちだけで初めに

第一回目の無料セミナーを開催しました。

 

 

このNSPセミナーは月1回ずつ

開催していく予定です^^

S__20865028

 

まずはわたしが自己紹介~NSPの説明をして

実際にデモンストレーションで

 

・プレパレーション

・取れないベースジェルの塗り方

・綺麗に塗れるワンカラーの塗り方

・トップジェルの覆い方

 

を解説しながら学んでもらいました。

 

 

1dayセミナーでも毎回そうなのですが

 

 

このデモンストレーションが

本当に大事!!!!

 

実際によくみて、

解説をきいて理解を深めることにより

 

意外とすんなり自分でも

できたりします^^

 

 

 

例えばヨガでも

自分で自力で身体を伸ばしてみるよりかは

実際に目の前に講師がいて

 

どこの筋肉を動かせばいいかとか

講師の人がどこに力を入れているかとか

 

目で見て体感した方が

何倍もうまく身体を動かせますよね?^^

 

 

ネイルも一緒で

意外と手先を動かしているだけではなく

上半身全体で施術をしています!笑

 

 

筆の動かし方から

ここで身体を反らしながら塗ると

上手に塗れるポイントなども

 

解説していきました^^

 

 

そしてそのあとは

実際に相モデルで

施術しあって頂きました^^

 

 

最初は工程が覚えられなかったり

 

あれ?!これどうするんだっけ?!

 

ってテンパったりもしてしまいますが

 

それで良いんです!

 

 

テンパりながらも

見よう見まねで実践していくことが

上達への近道です^^

 

 

身体で流れやコツを掴んで慣れてしまえば

勝手に手が動くようになるので

 

お客様との会話に集中できるようになりますし

 

”あ~お腹減ったな~今日なに食べよっかな~”

って事ばかり考えながら施術できるようになります。笑

 

 

なのでまずは

 

・流れを覚える事

・ファイルの持ち方や筆の使い方に慣れる事

・自分が苦手なポイントを知る事

 

で、時間短縮になってきます。

 

 

実際にみなさんが練習しているところを見ると

1人1人、苦手や不得意な箇所が違うんですよね。

 

 

ファイルがけが弱かったり・・

つけてるジェルが少なかったり・・

根元を塗るのが苦手だったり・・

 

 

 

そこを指導するだけで、

意識して改善することができます!

 

 

ということで、

セミナーは約5時間みっちり

インプット、アウトプットを

していただけたかなと思います^^

 

 

 

で、NSPは基本オンラインで

このような技術をお教えしていく

プログラムになっています。

 

 

 

なので地方の方や遠方の方は

セミナーに参加できない><

 

 

 

ので・・

 

 

スクリーンショット 2016-03-03 1.08.12

 

 

 

 

このようにセミナーの

デモを動画で撮ったので

来れない方たちも同じように

 

学んで頂くことができるようにしました^^

 

 

左下のワイプで手元だけではなく

全体的な施術の流れを見て頂くことが

できるので、

 

どこでどう手や身体を動かしているか

 

ということがお分かり頂けます^^

 

 

 

因みに・・・

 

 

・持ちの良いネイル

・塗りやすいようにするためには

 

ということを追求していくと

やはり

 

良い材料を使う

 

っていうのが肝なんですね。

 

このブログでも何度かお伝えしていますが

 

どんなに技術があっても

よくわかんない材料を使っていたら

持ちは悪いんです!!

 

 

逆に、技術がそこそこでも

ある程度良質なものを使用していれば

持ちや仕上がりはそれなりになる。

 

とわたしは考えています。

 

 

ですので、今回この第二期では

 

実際にわたしがサロンで使用している

ジェルや道具などを

参加者さん1人1人に合ったカスタマイズで

セレクトしてお送りしました^^

 

 

正直、 人数分は

めちゃくちゃ大変だったのですが。笑

 

 

ニッパーは持っているからいらないけど

カラーとトップは欲しい!

 

 

というように、個人個人で

 

欲しいもの、既に持っているものって

ちがいますよね?^^

 

 

なので、NSPでは

より参加者さん目線になって

無駄金が発生しないように!笑

 

セミナーやプログラムを進めていきます。

 

 

大手の通信スクールとは違い

 

小規模だからこそできることって

あると思うんです。

 

同じ目線で役立てることを

考えて作っていくことができます。

 

 

大体”ネイルキット”って

サロンワークじゃ使えないもの

ばかり入っている気がする・・

 

 

そうではなく

その人に合わせた道具を使ってもらい

上達していってほしいなと思っています^^

 

 

プログラム内容も

みなさんのペースなどをみて

動画を追加していこうと考えています。

 

 

正直、他コンテンツでも

有名なネイリストの先生が

動画でネイルレクチャー!

 

的なサイトをよく目にします。

 

 

こんなに動画サイト沢山出来たんだ!

ってびっくりしました。笑

 

 

それはそれで凄く良いことだと

思うんです^^

 

 

わたしくらいの技術をお持ちで

より技術を高めたい!

 

というネイリストさん向きだなとも

思いますし

 

 

サロンワークでのネイルの技術は

”これが絶対正しい!”

というものはありません。

 

 

ある程度基礎が出来ていれば

あとは自分のやり方で進めていって

いいんですよね。

 

 

なので、いろんなネイリストさんをみて

 

この人はこーゆうやり方なんだ!

 

って研究していくのも

良いと思います^^

 

 

その中でわたしは、

基礎から総合的な

サロンワークスキルに特化した

小技や方法などをNSPで

お教えしていきます。

 

 

 

もちろん添削や、ネイルの技術や

その他サロンワークに対しての

 

質問や相談なども個別のLINEや

FB会員ページで気軽にして頂けます^^

 

 

わからないことや疑問に感じたこを

すぐきいて解決できる場所作りをすることで

 

スキルアップにつながっていくと考えています^^

 

 

NSPでは参加者さんたちとの

”距離感”をちかくすることにより

 

よりモチベーションをあげて

プロのネイリストを目指していけるように

していって欲しいなという思いで

作っていっています。

 

 

ということで今回はNSPの

セミナー開催レポと

ネイル技術が上達するためには

 

・プロのサロンワークを間近で学び

・施術の流れをしっかり覚える

・わからない箇所をすぐきける環境

・良い材料を使うことにより

・持ちや仕上がりが良くなる

 

 

ということをお伝えしていきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました^^

 

 

 

 

ネイリストひかる

ネイリスト ブログランキングへ

にほんブログ村

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube

 

 

facebook1

他にはこんな記事もオススメ!

・【経営のコツ】ネイリストの価値を高める2つの方法

・【おすすめ】稼ぎ続けるネイリストになる2つの方法

・【ネイルサロン集客方法】ネイリストの集客3つの武器

・【ネイルデザイン】ゼロからネイルのデザインを生み出す3ステップ

・【ネイリスト接客術】お客様と気まずくならない接客9つのコツ

・【ネイリストのなり方】なぜネイルど素人が独学でネイリストになれたのか

 

 

 

S__20865028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>