捨てる勇気と極める努力

S__18178055

こんにちは!ネイリストのひかるです^^

今回のテーマはジェルの技術向上についてです。

ネイリストに必要不可欠なのは
なんといってもネイル技術です。

で、このネイル技術を向上させる
または向上を妨げてしまう

たった1つのポイントがあります。

それは
【材料】です。
このブログで何度か材料の
重要性は解説しているのですが

わたしが今回お伝えしたいのは

ちゃんとその筆、カラージェルと
相棒になれてる?

ってところです。

当たり前ですが
プロのネイリストならば
プロの道具を使うべきです。

通販の格安ジェルとかはありえません。

セルフネイラーさんや
これから自宅サロンを開きたい!

という方はもしかしたら、
通販で買ったような安いジェルを
もう揃えているかもしれません。

しかし、格安ジェルでどんなに
上手に施術していても
剥がれやすかったり、浮きやすかったりします。

逆に、わたしは、
わたしがサロンで使用しているジェルや
道具を使えば

それなりの技術の方でも
3週間は持つんじゃないかな?

と考えています。

因みにわたしが使用している
BIOのベースジェルは
10gで9000円程度、

高い=高品質
ってことですね。

2000円のベースジェルより
持ちが良いのは、説明しなくても
分かると思います^^

このように、ネイルの材料

ベース、トップ、カラージェル
筆、ニッパー、ファイル

全てにおいて

特性や質感、使いやすさなど
本当に様々です!

例えばエースジェルとラピジェルは
”ほぼ一緒の中身”とよく言われています。

確かに本当によく似ているし
一見何が違うんだろう?

と思うのですが

何度も何度も触っていると

エースジェルの方が
ラピジェルより

若干粘度が高い!

と、わたしは感じています。

S__18178055

 

 

で、わたしはトップジェルは
エース愛用者だけど

カラーは7割ラピジェルにしています。

エースを使うときもありますが
個人的に好みなのはラピです。

逆に、エースの粘度の方が
好きな方もいらっしゃると思います。

このように,ネイルの材料は
本当に”ちょっとの差”で
扱いやすさや好みは分かれます。

エース、ラピ以外にも
使用しているカラーは多数ありますが

施術の状況に合わせて
使い分けています。

長年ジェルを触り続けてきて思うのは

”ジェルの性質を理解出来たとき、
技術が上がるのを実感できる!”

ということです。

大げさだけど、そうなんです。笑

本当に毎日毎日
ジェルを触り続けていると

お客様が希望された色を
瞬時に頭の中で混ぜ合わせて
オリジナルカラーを作れるようになるし

このジェルの緩さだったらこのアートができる

このカラーをクリアと混ぜたら
このくらいの透明感がでる

ってある程度想像できるようになってきます。

ここまでこれたら
”相棒”って呼べるようになります。笑

自由自在に操れるようになります。ほんとに。

逆にわたしは、ネイリスト当初
ジュエリージェルというものを使っていて
結構な数を集めていました。

が、やっぱり何回使っても
わたしには扱いずらい・・

相棒はおろか
仲良くすらなれない・・

って感じでした。笑

(これは個人差があるので
もちろんジュエリージェルが
扱いやすい方もいます)

なので、
30種類くらいあったカラージェルは
勇気をだして全て捨てました。

カラージェルって当時
1つ1500円以上していたし

本当泣く泣く・・

でも、捨ててよかったと今では
思っています

なぜなら、
このカラーたちを使っていても
わたしの場合は

”極めきれない”
”上達の限界”

を感じていたからです。

なので、長くなりましたが
何を伝えたいかというと

もし、今あなたの持っているジェルが

安くて剥がれやすい
なかなかアートがうまくできない・・

品質がよくても
自分には合っていない・・

と思うのであれば

勿体ないという意識を拭って

新しいジェルに踏み込んでみてください。

本当に、それが一番の
上達への近道です。

お金を稼げるようになってから
新しいジェルを揃えよう・・

と思わないでほしいです。

練習のうちから使いやすいものを使用して
慣れていくことを断然おすすめします。

良き”友達”が見つかったら
”相棒”になれるまで
沢山沢山練習を重ねてください。

何度も何度も触れることで
奥底まで理解し合えます。

これは1つの考え方ですが
ジェルにしろ他の材料にしろ

沢山のものを浅く広く使うよりも

1つのものを極めた方が
より技術が向上し、
アートのレベルも上がります。

わたしは自分の使っている材料たちのことを
知り尽くしてるつもりなので

感覚的ではありますが

あと3秒でジェルがヨレるから
それまでに硬化しよう

とか

この厚さにしたら必ずパーツはうめ込めている

って分かるようになるんですよね。

ある程度先が読めるようになると
施術時間が大幅に短くなります。

逆に、あまりそのジェルのことを
理解していないと

あたふたしてしまったり
思ったよりすぐ流れてしまって
甘皮にジェルがついてしまったり

タイムロスをしてしまうことになります。

なので、わたしは今までいろんな材料を
試してきましたが、今は定まっていて
あまり浮気もしません。

実験的に真新しいジェルを
買ってみることがありますが

これを極めるのに
また1年くらいかかるのか・・

と思うと、あまりリピートには
繋がりません^^;

(ということで、よくわたしは
ノンサンディングジェルってどうですか?
と質問をされますが使用したことがないので
申し訳ありませんが無知です^^;

エース、ラピ、ベトロ、アクセンツらへんの
UVジェルに関してはある程度お答えできます^^)

また、ジェルオフの場合もわたしは
自分の”手”を信じているので

マシーン導入を考えたことはありません。

なぜなら、わたしのお客様は
マシーンが怖いという方も
多くいらっしゃいますし

わたし自身もファイルでオフしたほうが
確実に傷めずオフする自信があるからです。

逆に、これからネイリストを目指す方は
ファイルではなく最初からマシーンを
練習すれば、痛くなく傷めずスピーディーに
ジェルオフできるので、
マシーンを極めるのも良いですね^^

このように、施術の仕方や道具は
本当に千差万別。

ある程度の基礎が出来上がれば
あとは自分のやり方を
見つけながら進んでいってください。

捨てる勇気を持ち
扱いやすいものに替えて

そして、
極める努力

をすることにより

レベルアップできますよ^^

ということで今回は
ジェルの特性を理解して
自由自在に操れるようになろう!
ということをお伝えしていきました。

初めは1色ずつ試し買いを
してみても良いと思いますし

自身で使ってみて
なんとなく塗りやすいかも?
と思うようなジェルがあれば
それが相性の良い物だと思います。

是非、自分に合った相棒を
見つけてみてくださいね^^

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

ひかる

hikarumerumaga1

 

ネイリストひかるYoutube

 

facebook1

他にはこんな記事もオススメ!
・【経営のコツ】ネイリストの価値を高める2つの方法
・【ネイルサロン集客方法】ネイリストの集客3つの武器
・【ネイルデザイン】ゼロからネイルのデザインを生み出す3ステップ
・【ネイリスト接客術】お客様と気まずくならない会話9つのコツ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>